法政大学後援会

群馬県支部

設立年月日:1977年07月31日

懇談会と集いの日程

支部 新入生父母の集い

日程: 2019年6月22日(土)
場所: エテルナ高崎/高崎市

支部総会・父母懇談会

日程: 2019年8月10日(土)
場所: エテルナ高崎/高崎市

お知らせ

2019年度 年間行事

月日 行事
2019/5/5

支部役員会議(年間行事予定、及び「新入生父母の集い」に関する打合せ)

2019/6/8

支部役員会議(年間行事予定、及び「新入生父母の集い」に関する打合せ)

2019/6/22

「新入生父母の集い」開催

 ●DVD視聴、大学からの説明会

 ●円テーブル毎に質疑応答

2019/7/27

支部役員会議(新1年生役員選出、及び「支部総会・父母懇談会」に関する打合せ)

2019/8/4

支部役員会議(キャンパス見学、及び「支部総会・父母懇談会」に関する打合せ)

2019/8/10

「支部総会・父母懇談会」開催

 ●支部総会、父母懇談会、学生インタビューDVD放映、講演会、大学による説明会、

 情報交換会、個別相談、懇親会

2019/10/6 (予定)

「キャンパス見学・六大学野球リーグ応援ツアー」開催

2020/2/9

支部役員会議(最終事務引継ぎ)

支部長挨拶

大野 政宏
大野 政宏

 私ども群馬県支部は、1977年に設立。現在は約460名の会員数を持ち、今年で43年目を迎えます。また、法政大学と群馬県をつなげる地名として「北軽井沢」が挙げられます。

 1927年(昭和2年)に、この付近に広大な土地を所有していた法政大学の松室致学長の発意により、自身が所有する土地を学者・文化人などへ分譲し開発した別荘地である「法政大学村」(現「社団法人・北軽井沢大学村組合」、通称「大学村」)の関係者達が、避暑地として最適なこの周辺の土地を、同じく避暑地として知られ隣接する「軽井沢」の北に位置することから、便宜的に「北軽井沢」と呼び始めたことに由来します。それに倣うように草軽電気鉄道の駅名も、1927年(昭和2年)に「大学村」の寄贈により駅舎を改築したことから、その際に「地蔵川駅」から「北軽井沢駅」(旧北軽井沢駅舎は現存)へと改称されました。駅舎正面の欄間には、「大学村」の開村に関わりの深い「法政大学」の頭文字である"H"が刻まれています。

kitakaruizawasta.jpg

 後援会活動としましては、保護者の皆様向けには6月開催の「新入生父母の集い」や8月開催の「支部総会及び父母懇談会」などの行事に加え、広報誌「法政」や後援会ウェブサイトを通じて各種情報を発信、提供しております。

 私ども後援会は今後共、大学の様々な取り組みへの支援を一層図ってまいりたいと考えておりますので、本年度も引き続き、後援会活動へのご理解、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。


このページの先頭へ戻る