文字サイズ 標準拡大

首都圏

首都圏からのお知らせ

2017年度首都圏父母懇談会多摩キャンパス 報告

 10月21日㈯、多摩キャンパスにて首都圏父母懇談会が開催されました。当日は、季節外れの台風接近で終日雨模様の中、576名の保護者がお越し下さいました。

 午前中は、社会・現代福祉・スポーツ健康の各学部棟を中心とした学生スタッフによるウォークツアーやキャンパス内の無料循環バスによる自由見学を始めとし、体育館や図書館においては教職員の皆様が丁寧にご案内してくれました。普段学生が利用している学食では、通常メニューの他に期間限定で提供している100円朝食も50食限定で用意させていただき、好評のうちに完売致しました。

 午後は全体会と学部別懇談会が行われ、全体会では、増田副学長による「自由を生き抜く実践知」~長期ビジョン(HOSEI2030)について~をテーマとした講演会が実施されました。今後の大学の方針についてご理解いただけたと思います。

 その後、キャリアセンター職員による直近の就職状況の説明がありました。学部別懇談会では、在学生による学生生活の様子や就職活動の様子を直接聞くことが出来、保護者の皆様も熱心に聞き入っていました。

 学部別懇談会の後には懇親会が行われ、多くの方にご参加いただきました。リラックスした雰囲気の中で大学関係者の皆様と歓談されていました。直接お話された事で、大学や学生生活への理解も深まった事と思います。

 最後になりますが、ご来場の保護者の皆様、ご協力賜りました大学関係者・学生の皆様に改めて感謝申し上げます。   

                                      (副実行委員長 坂内 ひろみ 記)
 

2017年度首都圏父母懇談会小金井キャンパス 報告

未来を創造していく力を実感
 
 小金井キャンパスでは父母懇談会の内容の充実を図るため、毎年新しい企画に取り組んでいます。
 
 昨年は研究室を開放し、来校された父母の方々に、小金井キャンパスの技術力をご覧いただきました。
 
 今年は田中総長の講演に関連付けて、AI・人工知能をテーマにパネルディスカッションを企画いたしました。
 
 果たしてAIが将来どんな社会変化をもたらすのか、AIの技術が進むと我々人間の技術は必要なくなるのではないかという素朴な疑問について、専門分野の先生方と田中総長を交えたディスカッションが行われました。
 
 AIを開発する側、それを利用する側でそれぞれどのようにAIに期待するかという多面的な視点で、聞いている我々にもとてもわかりやすい内容でした。
 
 AIができることの限界や、AIの開発によって様々な研究分野が活性化するといった見通し、これからAI関係の仕事に就くための絶対必要な知識など、普段温和に見えた先生方が、まるで人が変わったように熱心に発言されていた姿が今でも印象に残っています。
 
 タイトな時間構成ではありましたが、パネルディスカッションを通して、過去や現在をしっかりと捉えて未来を創造いくという姿が感じられたことはとても有意義でした。「小金井キャンパスの子供たちの今」はまさに未来に向かって学んでいる姿でした。(副実行委員長  榊原 蔵 記)

2017年度首都圏父母懇談会市ヶ谷キャンパス 報告

 10月8日(日)市ヶ谷キャンパスにおいて、首都圏父母懇談会が開催されました。当日は、暑いくらいの気温のなか、896名の保護者の皆様にご来場いただきました。

 ボアソナード・タワーでは、特別見学会として沖縄文化研究所の貴重な資料展示、また学生サークル「ニューオレンヂスウィングオーケストラ」による華やかなジャズ演奏、「漫画研究会」による似顔絵サービスなどをお楽しみいただきました。

外濠校舎では、学生スタッフによるキャンパスツアー、キャリアセンターでの就職個別相談会、大学各部による学部・学科別懇談会がおこなわれました。

さらに薩埵ホールでは、国際文化学部 栩木玲子教授より「英語のたしなみ、日本語の技法」と題してご講演いただきました。NHKで放送されていた『リトル・チャロ』の映像も使い、先生のチャーミングな語り口に、会場も魅了されていました。

大学職員の方からは、「進級・卒業と充実した学生生活を送るために」と「就職活動の現況とキャリアセンターの対策」をテーマにお話しいただきました。
 
ご参加の皆様には、学内の自由見学や学食でのランチ体験などで、日ごろの学生たちの様子をのぞいていただけたのではないでしょうか。

 開催にあたり、先生方をはじめ、職員の皆様、会場設営をしてくださった方々、学生の皆さん、多くのご関係の皆様のご協力に、そしてご来場の皆様に深く感謝申しあげます。(副実行委員長 魚躬友理 記)

後援会クラブ総会報告

6月17日土曜日、法政大学後援会クラブの総会に参加しました。

後援会クラブは法政大学後援会OB、OGの会です。

昨年の12月に50周年記念式典が行なわれ、今年度は51年目となり、歴史があります。

後援会を卒業なさっても「子どもの母校は我が母校」の精神を持ち、ご活躍になっています。

総会後、昨年竣工した富士見ゲート見学、同内の食堂「つどひ」で懇親会があり、諸先輩の貴重な経験談を拝聴することが出来ました。

IMG_1669.JPGくらぶ.JPG

大学主催の「首都圏新入生父母説明会」報告

6月11日日曜日、大学主催の「首都圏新入生父母説明会」が行われました。

大学からは小川浩幸常務理事より、本年度の入試志願者数が首都圏にある大学内でトップになったとの内容のご挨拶がありました。

その後大学院イノベーション・マネジメント研究科の藤村博之教授による「大学の学びが働く力を高める」と題したご講演、卒業生・後援会連携室の大山賢一課長からは「大学生の就職状況」についてのお話がありました。

留学についても説明があり、保護者の方から関心が高い内容ですので、皆様、熱心に聴いていらっしゃいました。

(なお、藤村教授の講演について、詳しい資料を後援会ウェブサイトに掲載しておりますので、ぜひご覧ください。)

後援会からは、後援会Tシャツの販売、また薩埵ホールでは、新入生父母の皆さまに後援会について、ご案内しました。

今年も盛会裡に終了しました。

首都圏新入生父母説明会.JPG

2017年度総会報告

6月3日土曜日に外濠校舎6階薩埵ホールにて2017年度後援会総会が開催されました。

ご来賓として一般社団法人 法政大学校友会 副会長 小林清宣さま、後援会クラブ会長 濱清隆さまにご臨席いただきました。

また後援会全国36支部より支部長、支部役員の皆さまにもご出席いただき盛大に執り行われました。

2016年度の報告、2017年度の計画の発表後に、2016年度祖父江会長から2017年度中会長へ襷が繋がれ、今年度新体制がスタートしました。

引き続き後援会活動にご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

IMG_1786.JPG

首都圏新入生父母説明会 藤村教授講演資料

6月11日(日)開催「2017年度法政大学首都圏新入生父母説明会」において、藤村博之法政大学大学院イノベーション・マネンジメント研究科教授の講演内容を更新しました。

以下より、資料をダウンロードいただけます。

藤村教授講演資料(PDF形式,832KB)

2017年度 新役員予定者説明会 実施報告

5月27日(土)9時30分から、法政大学ボアソナード・タワー26階「A会議室」にて、2017年度の新役員予定者説明会を開催いたしました。当日は、開始時間が早かったにもかかわらず、多くの方々にご出席いただきました。

秋山太史副会長の挨拶に続いて、小川浩幸常務理事よりご挨拶をいただきました。次に役員紹介があり、後援会の組織と運営及び幹事の役割について、さらに、事業計画と予算案及び後援会行事予定などの説明を行いました。

出席者全員による集合写真の撮影の後、多摩キャンパスへ移動するためバスへ乗り込みました。このバスは、普段、多摩キャンパスの学生のためにキャンパス内を走行しているもので、後援会が寄贈いたしました。多摩キャンパスでは、半澤昌宏多摩事務部長の下、図書館やグランドを中心に見学させていただき、その後、小金井キャンパスに移動して、杉原典男小金井事務部長から理系キャンパスならではの研究室などの説明に、参加した皆さんは耳を傾けていました。

最後に、小金井キャンパス東館生協食堂で懇親会を行いましたが、最後まで和やかな雰囲気の中、会を終了いたしました。

2017.5.27IMG_1643.JPGIMG_1642 (1).JPG

懇談会・集い

首都圏父母懇談会

日程: 2017年10月8日(日)
場所: 市ケ谷キャンパス
日程: 2017年10月15日(日)
場所: 小金井キャンパス
日程: 2017年10月21日(土)
場所: 多摩キャンパス

首都圏新入生父母説明会

日程: 2017年6月11日(日)
場所: 市ケ谷キャンパス

首都圏の活動・年間行事

法政大学後援会
  • LINE@
copyright © 2016 Hosei University supporters association. All Rights Reserved.

このページの先頭へ戻る